web小説

2005年7月31日 (日)

ネット上で読書

私の趣味の一つに「web小説を探して読む」と言うのがあります。アマチュアとはいえ、「皆さん、創作がうまい!」「小説も、詩もすごいじゃん」と、感動しながら日々、面白い作品を探しては読んでいます。元々、活字中毒の私、寝るときも時代小説などを枕元に置いておかないと安眠できないのです。web小説はそんな私の欲求を少なからず満たしてくれるのですよね、しかも、お金をかけずに!(←これ、重要なポイント)

このところ、興味深いジャンルがゲームやアニメなどの「二次創作」です。最初、訳が分からなくて「なんで、こんなにたくさんの人たちが、同じキャラクター名を使って書いてるの?」「『遥か』って何?『アンジェリーク』って何じゃ?」「へ?プレステ2、何それ(かなり重症な物知らずでした)」。作品を読んでみると、結構はまる。いくつか読んでみて、所謂ゲームのストーリーを下敷きにした二次創作なのだとようやく理解しました。ゲーム自体は子供向けのようですが、二次創作を作っている人たちは立派な大人なので、読み応えのある作品が多いのですね。

素敵な二次創作サイトさんはたくさんありますが、中でも私がいつも通っていてお気に入りなのが、キリ様が管理なさっている、「Snapdragon」。ゲームをやってなくても、十分伝わる文章力と表現力は大したものだと言わざるを得ません。それに、キリ様の作品を読んでいる間は、十代のころの自分に戻れるのですよ。キリ様にはお許しをいただいたので、これからは心置きなく作品の感想も書いていこうと思っています。

キリ様のような才能のある人たちに、発表の場を提供することができるインターネットって、やはり素晴らしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)