日記・コラム・つぶやき

2015年12月27日 (日)

年末、ですね

今年の冬休みは仕事の区切りを付けて、なんて贅沢は言わずに休みを取れたところで母を誘って遊びに行って来てしまいました。スカイツリーと歌舞伎座を立て続けに楽しんで、昨日帰ってきたところです。

スカイツリーに上るにはお天気が心配でしたが、年末にしては暖かすぎるくらいの上天気に恵まれ、暑いくらいでしてね。晴れ間も見え、上空からの眺めは最高でした。ここまで高い位置から下界を眺められるのは飛行機に乗ったときくらいですよね。でも、今回妙に感動したのは、「地球が丸い」というのを自分の目で実感できたことです。海の灯台から水平線を眺めても同じように感じますけれど、高層ビルが立ち並ぶ地平線で実感できるとは、何とも不思議な感覚がしました。母も同じようなことを言っていましたから、きっと多くの人が感じるんでしょうね。夕方はスカイツリーをバックにしたプロジェクションマッピングを楽しみました。始まるちょっと前、まだ明るい時分につい先ほどまで上っていたスカイツリーを見上げると、よ~く見ると作業用の階段や足場、渡り廊下がいくつもいくつも張り巡らせてあるんですね。メンテナンスや他の用事であんな高い所で仕事する人たちもいるんだなと思うと、身震いしてしまいました。それに、つい考えてしまうのは大地震が起きたら、どうやって避難するんだろうということ。階段を降りるんですよね、中の非常階段を!見れば見るほど恐ろしいことに思えてしまいました。…何事もないうちに地上に生還できた良かったです(笑)。夜は、「そらまち亭」で寄席を見ながらの夕食です。お酒もチビチビやりながらなので、とても贅沢な気分でした。翌日の歌舞伎座は、12月大歌舞伎。今回は花道からほど近い席を取れたので、役者さんたちを間近に見られて嬉しかったな。中車さん、玉三郎さん、大好きですもん。上手なので面白いし、テレビの人がすぐ近くを通るって、何度見ても良いものですね。今回は「歌舞伎一二月暦」なんてのも買ってしまいました。来年一年間、これだけでも楽しめそうです。

そして、一転して現実の世界に戻ってきました。年末なんですよね。明日は日直なので出勤です。年末年始休暇の直前なので戸締りも面倒だし、本来の仕事もたくさんあるし、やれやれ…ってなもんです。それでもって、年賀状も片付けも終わってないし。なので、今日はやることをリストアップして、順に片付けています。たった今、新しい神棚を買ってきましたしね。新しいコンタクトレンズも受け取ってきました。仕事を納めたら、明日の夜は年賀状の絵に着手です。年末の買い物は生協のネット注文で済ませてしまいました。

さ、明日は気持ちを切り替えて、今年最後のお勤めに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

皮膚科通院

4月から、先生が減ったため、昨年よりも超~忙しくなってしまいました。
毎日、朝早く来て、夜遅くまで働いても回りません。事務研がほとんどとれない。疲れとストレスが溜まってくると、アトピーが出てくるのです。で、今皮膚科の待合室にいます。
やっと病院に行くことができたのですが、早く呼ばれないかな。教材買いに行きたいのですよ😅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

ようかい文書

学校は年度末の片付け真っ最中です。

前年度まで小さい学校に長いこといたために、縁がなかった言葉がこの「ようかい文書」。初めて聞いたとき、本当に何のことやら分からなくて、数秒ほど考えてしまいました。「ようかい?用かい?妖怪??まさかね」なんて、短い時間でバカなことまで考えてしまいました。「要は個人情報が入った反故文書を処分するために“溶かして解して”しまうから“溶解”かぁ」とたどり着くまでに30秒くらいはかかったかもしれません。溶解文書・・・私にとっては未だに耳馴染みがなく、何度耳にしても一瞬「妖怪文書」となってしまいます。

今日なんて、「溶解文書、お昼までに業者が取りに来るからね~」と上の先生たちが叫んでいるのを聞くと、つい吹き出したくなってしまいます。隣の先生にばれて、「あ、今○○怪ウォッチの方を連想したでしょ」と言われましたが、実は違うんだな。私の世代だと「えんま君」とか「鬼太郎」の方が先に来るんですよ、ウチには小さい子いないしね(笑)。年がばれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

三回忌

早いものです。父が亡くなって2年経ったというのが何ともね。

昨日、お寺で三回忌の法要を済ませました。来てくれる親戚のほとんどが私の従兄弟ばかりでした。父の兄弟衆で来てくれたのは、叔父一人だけです。父の妹に当たる叔母も元気なのですが、高齢の上に風邪を引いてしまったそうで…。「Tちゃん(父のこと)に怒られるな」と残念がっていましたが。寂しくなるなと思いましたが、いつの間にか世代交代してしまったということですね。一番年かさの従兄はすでに定年ですし。まあ、自分も改めて良い年齢になったなと思いましたが、従兄弟たちがかつての伯父や伯母たちに似てきたなと思いました。帰り際、従兄弟たちが姪に「次の七回忌の時は4年生だね」と話しかけていました。姪も、従兄弟たちに馴染んできたみたいだし、良いものだなと思いました。

正直、これ以降の法要は本当に内々だけで済まそうかと思っていたのですが(みんな、遠いしね)、たまに従兄弟同士が会う機会があるのも良いものだし、父も喜ぶかもと思い始めました。和尚さんが「ここに集まった御縁を大事にね」みたいなことも仰っていたし。また、近くなったら考えよう、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

卒業のお祝いメッセージを作りました

今回作ったのは、前任校の卒業生に向けてです。

慌ただしい年度末ですが、思い切って絵を描いてメッセージに添えてみました。いつも描いている年賀状のイラストと同じ要領でやってみました。まだ桜の季節には早いので、桃の花をイメージしてみることに…。ところが、私の近所に桃を植えているところがほとんどないのです。梅の木は多いんですけれどね。そこで年賀状の羊さんの時と同様に、ネットで写真や絵を探して気に入ったのを参考にしました。本当は先週の土曜日にも同じように描いているのですが、今一つ気に入らなくて、今日再度のチャレンジでした。何とか、絵の神様が降りてきてくれて「まあ、私にしては上出来かな?」と思えるのができてホッとしました。

メッセージ文の方は、書いているうちに涙腺があやしくなりましたが、何とか書き終えて封筒に入れました。週明け以降、同僚のメッセージも同封して発送することにします。小さい学校だから、子供たちの目には必ず触れるだろうと思っています。少しでも喜んでくれると良いな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

寒いけれど、嬉しいな

いつも実習させていただいている工場の梅が一本、満開でした。

結構広い敷地で、桜もたくさん植えられています。昨年は、ちょうど時期が合わなくて桜の花は見ていないのですが、「この会社の敷地、梅の木も何本もある!!」と目を付けていました。で、待ちに待った梅の時期です。白い梅で、本当に満開!引率している生徒たちは男の子ばっかりですが、それでも「お~、良いね!」と感心するくらい綺麗なんです。今年の冬は、びっくりするくらい寒い日が多かったので、こういうサプライズは嬉しいですよ。

「行きと帰りに花見ができるって、儲けもんだね」と思いました。前々任校では、山の中の梅が多くて野趣に富んでいましたが、こういう近代的な工場の敷地内に植えられている梅も悪くないですね。そういえば、ずっと昔に見学した製菓工場はアーモンドの花が綺麗だったと思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

ウィズキーでのんびり

「いつか、飲んでみよう」と思って、先週末に買ったお酒があります。 

今回は、日本酒ではなくてウィスキーです。病気休暇中に見ていたNHKの朝ドラの影響が大きくて、ずっと、十何年もウィズキーなんて飲んでなかったのに、つい、ね。どうせなら良いお酒を買えば良いのに、勇気がなくて、ブラックニッカの安いのにしました。で、ただ今試飲中!どうやって飲もうかと思いましたが、ロックや水割りじゃ寒いので、思い切ってストレートでいただくことにしました。ウィスキーに限らず、蒸留酒をストレート、と言うのも久しぶりなんですよ。香りを楽しみながら、ちびりちびりとやるのですが、やはりウィスキーは香りが芳醇ですね。香ばしくて。グラスから立ち上る香りと、口に含んだ時の香りがふくよかで良いです。濃厚で美味しいですしね。惜しむらくは、やはり嗅覚がイマイチなところ。まだ、完璧には戻ってないような気がします。やはり、大手術の影響はそう簡単にはなくならないってところかな? 

安い酒でこれだけ美味しいのだから、値段も高い良い酒だったらもっと香りが高くて美味しいだろうなと、思います。ウィスキーは、のんびりちびちびやるのには打ってつけだと思います。本を読みながら、映画を見ながら、ゆったり味わうのです。ウィスキーは個人主義なお酒ですね。そう言えば、ブランデーも私は好きだったっけ。たまには違ったお酒を飲むのも楽しいもんだな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

やっぱり末吉かぁ

お正月二日目は、予定していたことが中止になったので、再度地元の神社へお参りに行きました。 

昨日行ったときに古い御守を納めるのを忘れてしまったので、ちょうど良かったです。交通安全の御守を二種類、車に置いておくのと免許証に入れておくのを買って、古いのと入れ替えました。もう一つ、仕事御守ってのも。御朱印も押していただきました。私の縁起担ぎに基づいたイベントは、これで一通り済みました。でも、昨日引いたお御籤の「末吉」が気になって、もう一度引いてみることにしました。今度はいつもの100円じゃなくて、トンボ玉の飾り付きの200円。よ~く箱の中を探って手に触れたのを引いてみました。 

今度はどうかな?と若干期待して籤を開きました。するとね~、うそでしょう?またしても「末吉」なんですよ。偶然でしょうけれど、こうなってみると神様のお告げと言えないこともないわけで…。考えようによっては、大吉は後は降りるだけだし、大凶ならば昇るだけです。末吉はちょうど真ん中ですが、末吉も吉の内だし、地道にまじめにやっていれば最後には良いことの一つは巡ってくるかもしれないと、柄にもなく自分で自分に説教してしまいました。 

でも、ちょっぴりガッカリもしました。「やっぱり、末吉か…」ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

明けまして おめでとうございます

やはり、昨日の大晦日は最後までバタバタして終わりました。最後の最後で事件は起こるのです!

いえね、今回の年越しは来るはずだった妹と姪の母子は、姪が風邪をひきこんでしまったために来れなくなってしまいました。なので、ちょっぴり寂しいけれど、気楽なので母と二人でのんびり紅白でも見ながらお酒をちびちび楽しもうと思っていたんですよ。で、夕飯はお蕎麦を早めに食べて、片付けもお風呂もさっさと済ませて心置きなく楽しもうね~、なんて思っていたところでした。お蕎麦も終わって、食後のお茶をいただこうと思った時に、事件は起きました(笑)!!母が急須にお湯を入れようと、湯沸かしポットの給湯ボタンを押したら「ギュァワー~」というような変な音が響き渡り、お湯はちっとも出てきません。「げ、壊れた!!」と思いました。まずいな、明日はどこの店も閉まってるし、湯沸かしポットのない元旦は不便すぎると感じたので、すぐに買いに行くことにしました。この時点でまだ、6時を回っていなかったのでうまくすれば間に合うかなと踏んでね。

お酒飲んでなくて良かったですよ。町の中はすっかり暗くなっていて、心配でした。早じまいをした店が多くて、町の明かりも乏しいのですよ、この時期は。一件目は閉まった直後でがっくり。次の店を目指して走っている最中にラジオでは、どっかの大型ショッピングセンターが「大晦日は夕方6時をもって閉店させていただきます」なんてこと言っているし、まずいかも!!と思いましたが、何とか間に合いました。お客さんは私ともう一人くらいでした。しかも、湯沸かしポットなんて買っているのは私くらいなもので、何だか恥ずかしかったです。如何にも間際までバタバタしているって感じで。でも、適当な値段で買うことができて助かりました。何とか遅くなる前に入手できて本当に良かったですよ。

この後は、のんびり、お酒をなめなめしながら、大晦日の晩を過ごしました。やっぱり、最後の最後までいろいろ起きるなと思いましたが、こんな大晦日も面白いといえばそうかな?

…なんて思って迎えた元旦。初詣で引いたお御籤は「末吉」でした。順風満帆というわけではなさそう。今年もバタバタしそうだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

年末ってのは…

自宅でのんびりするつもりでも、結構忙しいもんだと改めて思いますね。病み上がりの身体なので、いつも楽しみにしている冬の旅行は今回はなしです。その分、いつも気にはなっているけれど手が出せなかったことをあれこれやりました。 

その内の一つが客間の障子張り替え。糊も障子紙も2~3年前に揃えていたのですが、父の容体がおかしくなってきたころから障子の張り替えなどとても手が回らなくなりました。そのうちに父が亡くなって、気が付いたら障子はそのままで、何度も年の暮れを迎えることになっていました。今回、全ての部屋の障子は無理だけれど、客間だけは何とか母と二人で張り替えました。暗くなるとやりにくいし、部屋が外から丸見えになってしまうので、日があるうちにと頑張りました。まあ、いろいろ手違いもありましてね。白無地の紙を買ったはずなのに、何故か全部模様が入っていて、あらびっくり。しかも竹林と松林、それに楓と、本数も種類もバラバラ。取りあえず、竹林の模様でトライしてみました。仕上がってみると結構良いもので、ホッとしましたけれども。 

もう一つは、私にとって何年も心に引っかかっていたことで、我が家の神棚を何とかしたいと常々思っていました。この神棚は昔、父がこの地に居を構えて仕事を始めた時に、当時の社長さんがお祭りしてくれたものです。本来の御神体はお稲荷様と聞いていましたが、お札をそれ以降替えることもなく、放ったままで何十年も過ぎてきてしまいました。気になっていたんですよ。罰が当たりそうだとずっと思ってましたしね。しかも今回私が大病して、有難くも神様と父に助けてもらったという思いがずっとしていました。で、思い切って神棚の祭り直しです。地元の神社で古いお札をすべて引き取ってもらい、新しいお札を揃えました。神棚そのものも埃を払って、きれいにしました。場所も物置同然の事務所から居間の高い場所にお引越しです。榊やお酒、お水、米に塩もきちんと揃えてお供えしました。本式のやり方じゃないかもしれませんが、やれるだけはやったと思ったらホッとしました。 

ホッとしたら、今日になって年賀状に何にも手を付けていないことに気が付きました。昨年は喪中だったせいか、すっかり忘れていました。年賀はがきすら買ってないという、トホホの事態でした。まずは、絵を大急ぎで描きました。今回は羊さんの写真のうち、描きやすそうなのをネットで探し出し、墨一色で写し描きしました。スキャナーで読み込んで、レイアウトと文面まで作ってから、郵便局まではがきを買いに行きました。売り切れているかも!と思いましたが、無事買うことができました。すぐに私と母の分も印刷して何とか終了です。母の書き込みが終わったところでまとめてポストに入れるつもりなんだけれど、明日投函できるかしらね? 

夕方になって、買い物に出ました。私としては大晦日と正月の夜を楽しむために、お酒と肴諸々を買うつもりだったのですが、年始あいさつのためのお年賀がまだだった!と気が付きました。母に電話で予算を聞き、慌てて買うことになりました。明日は、今年最後の洗車と、父のお墓の掃除をしてきますが、これで忘れ物ないかな?大晦日はお蕎麦を買うだけにしたいな、と思っているのですが…。最後までバタバタしそうです。何か、要領悪いよね、今年の年末は!と、早くも疲れを覚えてしまいました。やれやれ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧