« 2015年5月 | トップページ

2015年12月

2015年12月27日 (日)

年末、ですね

今年の冬休みは仕事の区切りを付けて、なんて贅沢は言わずに休みを取れたところで母を誘って遊びに行って来てしまいました。スカイツリーと歌舞伎座を立て続けに楽しんで、昨日帰ってきたところです。

スカイツリーに上るにはお天気が心配でしたが、年末にしては暖かすぎるくらいの上天気に恵まれ、暑いくらいでしてね。晴れ間も見え、上空からの眺めは最高でした。ここまで高い位置から下界を眺められるのは飛行機に乗ったときくらいですよね。でも、今回妙に感動したのは、「地球が丸い」というのを自分の目で実感できたことです。海の灯台から水平線を眺めても同じように感じますけれど、高層ビルが立ち並ぶ地平線で実感できるとは、何とも不思議な感覚がしました。母も同じようなことを言っていましたから、きっと多くの人が感じるんでしょうね。夕方はスカイツリーをバックにしたプロジェクションマッピングを楽しみました。始まるちょっと前、まだ明るい時分につい先ほどまで上っていたスカイツリーを見上げると、よ~く見ると作業用の階段や足場、渡り廊下がいくつもいくつも張り巡らせてあるんですね。メンテナンスや他の用事であんな高い所で仕事する人たちもいるんだなと思うと、身震いしてしまいました。それに、つい考えてしまうのは大地震が起きたら、どうやって避難するんだろうということ。階段を降りるんですよね、中の非常階段を!見れば見るほど恐ろしいことに思えてしまいました。…何事もないうちに地上に生還できた良かったです(笑)。夜は、「そらまち亭」で寄席を見ながらの夕食です。お酒もチビチビやりながらなので、とても贅沢な気分でした。翌日の歌舞伎座は、12月大歌舞伎。今回は花道からほど近い席を取れたので、役者さんたちを間近に見られて嬉しかったな。中車さん、玉三郎さん、大好きですもん。上手なので面白いし、テレビの人がすぐ近くを通るって、何度見ても良いものですね。今回は「歌舞伎一二月暦」なんてのも買ってしまいました。来年一年間、これだけでも楽しめそうです。

そして、一転して現実の世界に戻ってきました。年末なんですよね。明日は日直なので出勤です。年末年始休暇の直前なので戸締りも面倒だし、本来の仕事もたくさんあるし、やれやれ…ってなもんです。それでもって、年賀状も片付けも終わってないし。なので、今日はやることをリストアップして、順に片付けています。たった今、新しい神棚を買ってきましたしね。新しいコンタクトレンズも受け取ってきました。仕事を納めたら、明日の夜は年賀状の絵に着手です。年末の買い物は生協のネット注文で済ませてしまいました。

さ、明日は気持ちを切り替えて、今年最後のお勤めに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

自己注射

今年度になって、本当に忙しくなり、ブログの更新がままならなくなりました。それでも昨年度受けた、下垂体腫瘍の手術に関することは忘れないうちに記録しなきゃと思い、戻ってきました。

手術を受けてから丸一年以上経ちました。退院してから、3カ月おきに大学病院に定期通院しています。手術する前から、プロラクチンを抑えるためのホルモン(これが出ないせいで、長いこと生理が止まったままでした)と、成長ホルモンがほとんど出ていないということは分かっていました。手術すれば改善されるかなと期待していたのですが、それはかないませんでした。プロラクチンを抑える方は飲み薬で対処しているので、生理も何とか普通に来るようになりましたが、成長ホルモンの方はまだ手付かずでした。代謝が非常に悪いことと、疲れやすい、筋力の低下などの不都合がいくつか重なりまして、やはり成長ホルモンを投与しよう、という結論に達しました。でも、薬価が高いので夏休み前に難病申請をして通ったところで、手術後1年以上経った今ぐらいから始めようということになりました。 

先日薬を受け取り病院で注射の練習もしました。そして昨日初めて自宅で、一人で注射してみました。自己注射用の注射器と言うのが便利というか、不思議な器具です。慣れれば普通の人なら簡単に安全に薬を注射できるようになっています。注射針がものすごく細くて、それこそ産毛くらいかな?と思えるくらいの極細で、ほとんど痛みも感じません。練習を含めて、2回注射したことになるのですが、何となく元気になったかしら?と思います。あまり頻繁に通院できないので、最低量から始めているのですが、早速効果が出てきているのかもしれません。注射という治療が面倒だなとは思いますが、これで体に力が戻ってきてくれればありがたいなと思っています。でも、医療費が掛かるのでお財布事情が厳しいです。下垂体腫瘍がドックで分かってから1年半くらい経ちますが、なかなか病院から解放されません。死ぬような大病ではないけれど、この手の病気を患ったら仕方がないのかも、と半ば諦めていますが、通院で学校を休むのが面倒で…。病院が遠いので通院に一日掛かっちゃうし。周りにも申し訳ないと思ってしまうし。せめて、近くの市民病院とかで診てもらえると嬉しいのだけれど、難しいんだろうな。 

気が付いたら手術後、二度目のクリスマス・年末です。昨年も、無事クリスマスを過ごせてありがたいと思いましたが、ものすごく忙しい毎日を送っているのも、ある意味ありがたいことだと思わなくてはいけないかなと思っています。忙しいけれど、体調が少しでも戻るように、私も努力しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ