« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

年末ってのは…

自宅でのんびりするつもりでも、結構忙しいもんだと改めて思いますね。病み上がりの身体なので、いつも楽しみにしている冬の旅行は今回はなしです。その分、いつも気にはなっているけれど手が出せなかったことをあれこれやりました。 

その内の一つが客間の障子張り替え。糊も障子紙も2~3年前に揃えていたのですが、父の容体がおかしくなってきたころから障子の張り替えなどとても手が回らなくなりました。そのうちに父が亡くなって、気が付いたら障子はそのままで、何度も年の暮れを迎えることになっていました。今回、全ての部屋の障子は無理だけれど、客間だけは何とか母と二人で張り替えました。暗くなるとやりにくいし、部屋が外から丸見えになってしまうので、日があるうちにと頑張りました。まあ、いろいろ手違いもありましてね。白無地の紙を買ったはずなのに、何故か全部模様が入っていて、あらびっくり。しかも竹林と松林、それに楓と、本数も種類もバラバラ。取りあえず、竹林の模様でトライしてみました。仕上がってみると結構良いもので、ホッとしましたけれども。 

もう一つは、私にとって何年も心に引っかかっていたことで、我が家の神棚を何とかしたいと常々思っていました。この神棚は昔、父がこの地に居を構えて仕事を始めた時に、当時の社長さんがお祭りしてくれたものです。本来の御神体はお稲荷様と聞いていましたが、お札をそれ以降替えることもなく、放ったままで何十年も過ぎてきてしまいました。気になっていたんですよ。罰が当たりそうだとずっと思ってましたしね。しかも今回私が大病して、有難くも神様と父に助けてもらったという思いがずっとしていました。で、思い切って神棚の祭り直しです。地元の神社で古いお札をすべて引き取ってもらい、新しいお札を揃えました。神棚そのものも埃を払って、きれいにしました。場所も物置同然の事務所から居間の高い場所にお引越しです。榊やお酒、お水、米に塩もきちんと揃えてお供えしました。本式のやり方じゃないかもしれませんが、やれるだけはやったと思ったらホッとしました。 

ホッとしたら、今日になって年賀状に何にも手を付けていないことに気が付きました。昨年は喪中だったせいか、すっかり忘れていました。年賀はがきすら買ってないという、トホホの事態でした。まずは、絵を大急ぎで描きました。今回は羊さんの写真のうち、描きやすそうなのをネットで探し出し、墨一色で写し描きしました。スキャナーで読み込んで、レイアウトと文面まで作ってから、郵便局まではがきを買いに行きました。売り切れているかも!と思いましたが、無事買うことができました。すぐに私と母の分も印刷して何とか終了です。母の書き込みが終わったところでまとめてポストに入れるつもりなんだけれど、明日投函できるかしらね? 

夕方になって、買い物に出ました。私としては大晦日と正月の夜を楽しむために、お酒と肴諸々を買うつもりだったのですが、年始あいさつのためのお年賀がまだだった!と気が付きました。母に電話で予算を聞き、慌てて買うことになりました。明日は、今年最後の洗車と、父のお墓の掃除をしてきますが、これで忘れ物ないかな?大晦日はお蕎麦を買うだけにしたいな、と思っているのですが…。最後までバタバタしそうです。何か、要領悪いよね、今年の年末は!と、早くも疲れを覚えてしまいました。やれやれ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

コンタクトレンズの定期検診

大学病院への通院の合間を縫うようにして、昔から診てもらっている眼科に行ってきました。コンタクトの検診のためです。 

手術の前と後に大学病院で似たような検査をしてもらって、良くなったと言ってもらえて一応安心していたのですが、コンタクトの検査だとどうかなと少し不安ではありました。職場復帰してコンタクトレンズを入れるのにも慣れてくると、最初のころのような「目が楽になった!」という感動は薄れてきますし、今の状態が当たり前になってくると、以前の見づらかった様子は忘れてきてしまいます。良くなったのかどうなのか、自分では分からなくなっていました。でも、実際に検査をしてもらったら「夏にやったのよりも視力が良く出ていますね」とびっくりされました。遠くも近くもこの前やった検査よりも良く見えるようになっていました。下垂体腫瘍の手術をしたと話したら、「本当に良くなっています。毎回同じ条件で検査しているから、よく分かりますよ」と言ってもらえ、とても嬉しく思いました。検査の後、診察してもらった時も「良かったね」と言ってくれましたし。 

良くなって有難いと思ったのは何度目でしょうね。それにしても、脳ドックを受けていて良かったと改めて思いました。受けていなかったら、今頃どうなっていたでしょうね?手術前はあんなに頭が痛かったのだから、きっと頭痛がもっとひどくなって、目も見づらくなっていて、でも原因が分からずに病院を梯子しながら青息吐息で仕事していたかもしれません。今更ながら、危なかったなと胸をなでおろしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

ホルモンバランス、戻ってきた?

長らく、ここ2年間ほど、下垂体腫瘍のために生理が不順でした。 

手術が無事に終わって、元に戻るかな…と期待していたのですが、手術だけでは難しかったみたいです。内分泌科の先生の所見では、腫瘍はかなりきれいに取れているんだけれど、多少は残っているんだそうです。そりゃそうですよね、取りすぎて正常な組織まではぎとってしまったら、そっちの方が危ないかもしれませんからね。その、少しだけ残っている腫瘍が邪魔してホルモンのバランスが戻っていないんだそうです。で、一週間に一錠だけ飲むという薬を服用していました。そしたら、一月後に見事に月のものが戻ってきたのです。面倒といえば面倒なんですが、女性にとって自分の健康状態を知るためのバロメーターみたいなものですからね。ちゃんと、来るべきものは巡ってきた方が良いのです…。 

ホルモンバランスは正常に戻ったのかしら、と少し期待しています。薬、飲まなくても良くなるかなあ?次回の内科受診で何と言われるか、楽しみなような不安なような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

寒い~!!

一気に真冬に突入してしまいました。 

ここは暖かい地方だと言われていますが、寒いものは寒いです。8月に下垂体腫瘍が見つかってから、ずっと治療に忙殺されていましたからね。一番過ごしやすいはずの秋は病院で過ごしていました。真夏から一気に真冬へタイムワープしてしまった気分です。こうなってくると辛いのは鼻の具合です。気温の急激な変化でもぞもぞするし、術後の違和感はまだ残っているので、うっかりくしゃみをすると鼻が取れそうになります。痛いというより、違和感ですね。自分の鼻じゃないみたい。洗顔や化粧の時も変な感じがします。 

それでも、元気になってきました。手術直後のことを思えば、今普通に勤務しているのが嘘みたいです。冬休みまであと少しなので、頑張ります。冬休みにトライしたいのは美容院に行くこと、お風呂屋さんに行くこと、お酒を飲んでみること。なぜ、これら三つがトライする項目になるのか・・・?どれも、顔に血が上ったり顔を触られたりと、術後の傷跡にさわりそうな気がして忌避してきたのです。実際違和感があるし。今度の忘年会で飲めるかどうかってところですけれどね。 

今年の冬は自宅でゆっくりしますが、少しずつ今まで普通にやってきたことを取り戻そうと思います。お酒は、飲みたいな…。匂いはわかるようになってきたので、飲めれば美味しく感じるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »