« 桜の蕾が開いたようです | トップページ | 笑顔で通勤…良いものですね »

2011年4月 2日 (土)

親知らず・・・

なんで、こんな余計な歯があるんでしょうね。

今日、歯医者に行ってきました。歯が凍みるのでてっきり虫歯だと思ったのですが、さにあらず。レントゲンで丹念に診た結果、親知らずが斜めになっていて、隣の歯をぎゅうぎゅう押していたようなのです。おまけに歯の頭が少し出ているので、お掃除がしにくくて軽い虫歯にかかっていました。で、先生のおっしゃるには「他の親知らずは悪さしていないけれども、これだけは抜いたほうが良いね」…。ガックリしてしまいました。大昔に、別の歯科で抜いたほうが良いと言われたのに、怖くて逃げ帰ってしまい、それっきりだったのですね。私にとっては虫歯の治療より何より、この「親知らず」に触れられるのが一番怖かったのです。

でも、まあ、年貢の納め時だなと思いました。思い切って、抜いてもらうことになりました。おまけに「歯磨きのときに、力を入れすぎですね。歯が削れていますよ…」なんて言われてしまいまして、ガックリの二乗です。凍みるのは知覚過敏のせいでもあったのですね。シュミテクト(=知覚過敏用の歯磨き粉)の試供品までもらってしまいました。私が「これ、使っていますけれどねぇ」とぼやくと、「いくらこの歯磨き粉を使っても、ゴシゴシ磨いたらダメですからね」…。電動歯ブラシを愛用していたのがいけなかったかな、と思いましたが、歯科衛生士さんから「これは、力を入れちゃだめなんですよ。そっと触れるだけで歯茎のマッサージにもなるし、歯石も取れて良いので、そっと使ってくださいね。そっと!」とアドバイスと言うか、念押しされてしまいました。

来週はいよいよ抜歯です。怖いなぁ。でも、親知らずのせいだと分かったら、歯の違和感が確かに横から押されているような感じがしてきました。抜けばすっきりするかもしれませんが、奥歯の抜歯はしばらく痛いだろうから、嫌な気分、怖いですよ。

|

« 桜の蕾が開いたようです | トップページ | 笑顔で通勤…良いものですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/51281502

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らず・・・:

« 桜の蕾が開いたようです | トップページ | 笑顔で通勤…良いものですね »