« 更新を、ずいぶんさぼってしまいました | トップページ | 鼻うがいにトライ! »

2010年2月13日 (土)

梅が咲く

 3学期の初めから、毎朝楽しみにしていることがあります。それは、大家さんであるI高校の校庭に植えてある、白梅の木を見ることです。この高校は校歌の中で「…梅香る…」と歌っているのに因んででしょう、紅梅と白梅が一株ずつ植えてあるのです。

 私は、紅梅も好きですが、最も好きなのは白い梅の花です。毎朝通りかかるたびに、「そろそろ蕾が出ないかな」と、心待ちにしながら眺めていました。立春を過ぎた辺りから、通勤途中のあちらこちらの梅の木が咲き出していましたから、そろそろじゃないかなとこの1週間はずっとワクワクしていました。朝、学校に到着するのは早いので、ゆっくり観察する余裕はあるのです。もっとも、あんまり熱心に見ているとI高校の子たちに怪訝な顔をされてしまいますけれどね。 そして今週末の朝、ようやく花が一輪咲いていて、もう二つほど蕾が付いている枝に気が付きました。良いものですね。白い梅は、本当に可憐で可愛いくてきれいです。木の姿は気品があるし。今回は、渡り廊下から窓越しに見たので、香りまでは楽しめませんでしたが、来週は近くまで行って見るつもりです。

 気が付けば、学校の近所の畑に植えてある梅の木もすでに咲いています。多分、この木は梅干し用の梅ですね。まだまだ寒いけれど、ようやくは春がすぐそこまで来ているんだと、実感できました。前の学校ほど、自然が手に届くところにあるわけではありませんが、心がけていれば季節の小さな変化を発見できるのですね。とても嬉しい週の終りでした。

|

« 更新を、ずいぶんさぼってしまいました | トップページ | 鼻うがいにトライ! »

コメント

橘みかんが通勤したの?

投稿: BlogPetのゆず | 2010年2月14日 (日) 14時44分

みかん様、おひさしぶりです

梅の花、私のとても好きな花のひとつです。
寒い冬に春が近いことを告げる花ですね。香りもとてもいいです。桜は究極の美、桃はフェミニンな美、それに比べて梅は控えめな美といっていいのかもしれません。

福島県には三春という町があります。阿武隈山地の小盆地にあり、梅、桃、桜の3つの春の花が一度に咲くからそのような名前になったという説があります。古い城下町でいいところです。(これは完全に余談ですね)

投稿: やえもん | 2010年2月23日 (火) 23時22分

こんにちは、やえもん様。

三春町・・・。
もしかすると、伊達政宗公の奥方、愛姫の里でしょうか?昔、大河ドラマで同じようなことを聞いた覚えがあります。「梅、桃、桜が一度に咲く」というのが何とも羨ましくて、花の時期に一度行ってみたいものだと思っていました。
福島県の町だったんですね。

投稿: 橘みかん | 2010年3月 5日 (金) 22時55分

 はい、愛姫の故郷です。関ヶ原までは田村氏の、それ以降明治維新までは秋田氏(湊安東氏)の城下町です。明治時代には、自由民権運動の根拠地になりました。
 会津若松や喜多方、磐梯高原なども近いですし、「フラガール」のいわき湯本温泉も近いです。ぜひ一度おいでください。

投稿: やえもん | 2010年3月15日 (月) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/47557042

この記事へのトラックバック一覧です: 梅が咲く:

« 更新を、ずいぶんさぼってしまいました | トップページ | 鼻うがいにトライ! »