« 新しい車は…かわいい! | トップページ | 園芸作業の指導案 »

2008年5月 5日 (月)

指導案尽くめの4連休

 指導主事訪問の中心授業を請け負った時から、予想していたとおりのGWと相成りました。

でも、本当にがんばったのは連休に入る前の金曜日の夜でした。4連休全部を仕事で費やすのではやっていられないと思いまして、夜8時に帰宅してからほぼ徹夜に近い形で書き続けました。疲れと眠気で頭が回らないので、そこは酒の力を借りました。コーヒーじゃないところが、自分でも笑えます…。午前3時半を大分過ぎ、もうじき4時になるかと思ったころに、一応、指導案の形が整いました。問題があるなと、前々から思っていた園芸作業の指導案です。「園芸作業は何で有効なのかな?」「こんな提示の仕方が必要だろうな」「教材は・・・」と思ったままを書いていくのは結構楽しいことです。その通りに授業が回るかどうかは、私の采配とチームを組んだ先生たちとのチームワーク次第ですけれどね。

もう一つ、指導案を書きながらの私の使命は、中心授業の細案を昨年度よりも楽に書けて読みやすい指導案形式に変えることなのです。書く分量ばっかり多くて、誰も読みっこないよな…、なんて指導案は御免被りたいですからね。簡単で良い形式ができちゃえば、うるさ方の教頭にも文句は言わせません。指導主事にも認めてもらえれば、以後はきっと気軽に授業研ができます。負担ばっかり大きい研修はそろそろ終わりにしたいもの。負担は感じず楽しく勉強できる授業研究の仕方を、この1年間で考えたいと思っています。

とは言え、何回書いても研究授業の指導案執筆は負担が大きいです。今回の指導案は、金曜日の夜にあらかた書いてしまったとは言え、完全ではありません。文章の「てにをは」間違いや誤字・脱字もノーチェックだし、書いてはまずいことも調子に乗って書いてしまったかもしれないし…。もう一がんばりしてから、最後の休日をゆっくり過ごします。

|

« 新しい車は…かわいい! | トップページ | 園芸作業の指導案 »

コメント

 作業学習の指導案は難しいです。たいていの場合、実態の違う生徒と、考え方の違う教師が集まって作業班を構成しているので、その中で教材をどうするのか、目標をどのように立てるか、私もひどく悩みながら書いたことがあります。

投稿: やえもん | 2008年5月 8日 (木) 05時29分

 本当に難しいですね。痛感しながら書いています。もっとも、組んでいる先生たちが講師の方が半数なので、経験が浅い方が多いのです。指導案を検討していても、議論が深まらないのが専らの悩みの種です。
 もっと、指導案の中身も教材教具も練らないといけないんですがね・・・。

投稿: 橘みかん | 2008年5月17日 (土) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/41101618

この記事へのトラックバック一覧です: 指導案尽くめの4連休:

« 新しい車は…かわいい! | トップページ | 園芸作業の指導案 »