« 家庭訪問 | トップページ | 夏休みの研修② »

2006年8月 1日 (火)

初めての人間ドック

詳しい健康診断をする年齢になったんだなと、2~3ヶ月前保健室から人間ドックの指示が出たときに思いましたっけ。そんなわけで今日は一日中、健診センターにいました。

健康診断と言えば、あまり良い印象がないんですよね。検診車が回ってきて横柄なおじさんやおばさん達に採血されたり、バリウム検査の時に威張りながら「右!」「左!!」「違う!ちゃんと聞いていてください!!」と怒られたり…。痛いし、空腹だし、ムッとすることもありますし、とにかく良いイメージはないのです。でも、今日の健診センターでの人間ドックは今までの悪印象を全て払拭するくらい、気持ちよく受診することができました。何せ、保健師さんも、検査技師さん・お医者さん達、受付の職員に至るまで、みなさんが腰が低いし、丁寧です。普通の病院では、どうしても患者が見下ろされているような感じがしますけれど、ここでは「お客様」ですね。検査前の説明も丁寧だし、あの嫌な胃の検査…バリウム検査も丁寧に優しく説明や指示をしてくれるので、リラックスできました。世の病院全てがこうだと嬉しいなと思いました。健診全てが空腹の状態で行われるので、結構つらいのですが、一通り終わるとお茶やコーヒー、お茶菓子などのサービスもありました。こんなにのんびり寛いでしまって良いのかしら?と思えるくらい幸せな一時でした。お昼ご飯も美味しかったし。一つ辛いな、と思ったのは朝の受付時に「今日のお昼ご飯のメニューは、どれになさいますか?」との質問でしたっけ。何せ、昨夜の10時から翌朝9時までの時点で何も飲み食いしていないので空腹でしょう?その状態で美味しそうなメニューの写真を見せられての選択ですからね。空腹に応えるなと思える瞬間でした(笑)。

全ての検査が終わって、結果を聞く段で、昨年よりも何とか減量できていることを褒めてもらえたので嬉しく感じました。もう一年、地道にがんばろうという気になりましたね。他には異常は見つからなかったし、まあ、良い気分でセンターを後にしました。後は、下剤が効いてくるのを待っているのですが…、こればっかりは毎度のことながら気持ち悪いです。ホント、早く終わらないかしら。

|

« 家庭訪問 | トップページ | 夏休みの研修② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/11192598

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての人間ドック:

« 家庭訪問 | トップページ | 夏休みの研修② »