« 百円ショップで教材開発 | トップページ | ペンケース作り »

2006年4月23日 (日)

花器と剣山

明日の夜、2回目の生け花教室があるので、試しに買ってみることにしました。

教室では、剣山も花器も貸してくれますが、教室が終わるときはお花を剣山から抜いて持ち帰ります。自宅で花を飾るために自前の花器や剣山がほしいなと思いました。ところが、今までお花に縁のなかった私には、剣山や水盤が、どこで売っているのかさえ見当もつきませんでした。母に相談しても、「昔は、古道具屋で買ったものだけれどね」と時代錯誤なことを言うくらいで、さっぱりです。一昔前は何軒もあった瀬戸物屋も、今は無くなりましたしね。あれこれ考えているうちに、ようやく金物店を思いつきました。更に、この店の近所に陶器を扱う店が一軒だけあることを思い出しました。早速、出かけて見ることにしました。

まず、割れない剣山から買い求めました。大きさはいろいろでしたが、教室で使っているくらいのものを選びました。新品の剣山って、綺麗ですね。教室のものは黒ずんでいて大分痛んでいますけれど、これはいかにもよく刺さりそうで、痛そうです!次に、陶器店に寄って花器を選びました。これは、本当に目移りしました。もともと、焼き物は大好きなので、花瓶や水盤、一輪挿しなど、見ていて飽きません。綺麗なトルコ釉の水盤や、蕎麦釉の渋いのなど、良いなと思うのが次々と目に入ってきます。で、良いなと思うのは結構値が張るんですよね。まぁ、先ほど買い求めた剣山が納まる大きさで、お花が映えるものを探すことにしました。しかも私はお花を習い始めて次で2回目ですからね。値段も一番安いので良いや、と思いました。

結局選んだのは、藁灰の色が渋くて綺麗な水盤でした。値段も手ごろで一応満足しました。明日のお花の教室が楽しみです。帰ってから生け直すのも楽しみです。夜、お花の教室に行くために、明日は頑張って働きます!

|

« 百円ショップで教材開発 | トップページ | ペンケース作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/9726991

この記事へのトラックバック一覧です: 花器と剣山:

« 百円ショップで教材開発 | トップページ | ペンケース作り »