« バス遠足の準備 | トップページ | 夏日! »

2006年4月30日 (日)

パソコン・蜘蛛の祟り?

長いこと、入退院を繰り返してきた私のパソコンが、昨日の朝、ようやく戻ってきました。

今のところ、何のトラブルもなく無事に動いています。でも、この半年(以上?)の間、急にパシャッと電源が落ちたり、止まったりというトラブルが起きて、そのままメーカー送りと言うことが続きました。ですから、おっかなびっくり使っている状態です。重要な文書を本体に保存するなんてことは、恐ろしくてできません。元々他の媒体に保存するようにしているのですが、一時的にでも本体に保存して、次の瞬間にパソコンが起動しなくなったら大変ですもん。子供の個人情報がらみの文書が消せないままメーカーに送って修理、と言うことにもなりかねません。あまりの故障の多さに辟易して、NCに愛想が尽きそうです。とは言っても、いつからこんなに故障が多発するようになった?と不思議に思って、手元の修理個票を見てみました。すると、ケチの付き始めはなんと、ディスプレイに小蜘蛛が入り込んだ事件(パソコン珍事件参照)からでした。それまでは、ほとんど何の問題も無かったのです。この小蜘蛛事件が発端で、次から次へとパソコンのあらゆる部品に障害が出て、交換・交換の繰り返しになったのでした。蜘蛛と一連の故障との因果関係は、無いような気がしますが、きっかけには違いありません。

ひょっとして、最初にディスプレイの部品を交換して中にいる蜘蛛も捨てちゃったから??蜘蛛の祟り???勘弁してよ~、可哀想だと思うけれど、ディスプレイに入り込んだあんたも悪いんだからね!と、思わず叫びたくなりました。こんなことって、あるんでしょうかね(涙)。

|

« バス遠足の準備 | トップページ | 夏日! »

コメント

 蜘蛛の祟りですか、怖いです。工業製品はどうしてもあたりはずれがあって、修理に何度も出している人、私も知っています。今やパソコン無しには仕事が進みませんからね。

投稿: やえもん | 2006年4月30日 (日) 19時50分

やはり、当たり外れがあるんですね。学校に出入りしているパソコン業者のお兄さんも同じことを言ってました。私がけなしているN○Cだって、決して悪くは無いんだけれど・・・、と言うことです。とんでもない外れを引き当てたってことかしらね。

投稿: 橘みかん | 2006年5月 1日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/9830188

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン・蜘蛛の祟り?:

« バス遠足の準備 | トップページ | 夏日! »