« 両親の読書 | トップページ | 養護学校での生徒会活動とは? »

2006年2月18日 (土)

市民講座

市の教育委員会がバックアップしている講座がいくつかあります。時間帯もまちまち、期間も半年だったり通年だったり様々です。

母は、実用書道やフラワーアレンジメント、大正琴などを平日の昼間に習っているようです。最近、市の広報誌に来年度の講座の募集要項が載っていました。老化防止も兼ねて父にも、どれかに入って貰おうと思って、母と一緒に要項を見てみました。父の希望としては「川柳」の講座が良いらしいのですが、どうもね。父に、そういった言葉や風刺のセンスがあるようには思えなくて…。私は「陶芸教室」を勧めました。陶芸は、窯の中で割れない限り、失敗も作品になりますから、面白いんですよね。粘土遊びは、老若男女問わずに楽しいものだし。どの講座も定員があり、抽選で落ちる事もありますから、「川柳」「陶芸」、それに「木彫り」を申し込もうか、ということになりました。

いろいろ見ているうちに、私もどれかやりたくなりました。講師料が安いし、面白そうだし。夜間の講座は数が少ないのですが、お茶とか、お花、英会話、仏語会話、ヨガ、太極拳・・・探せばいろいろあります。以前、お茶を習っていた事を思い出しまして、お花もやってみたくなりました。ヨガも、腰痛防止のためにもやってみたいし。来年度の私の職場でのポジションにもよりますが(異動で遠くに移れば、夜の習い事など無理ですから)、申し込むだけやっておこうかな、と思いました。時間的なこともありますので、一つの講座が限度ですね。

新しい習い事って、気持ちが浮き立ちます。まだ、やると決まったわけではないし、定員内に入れるかも分かりませんが、楽しみになってきました。続けられると良いな。

|

« 両親の読書 | トップページ | 養護学校での生徒会活動とは? »

コメント

 人に何かを教わることは、本当に楽しいですね。(学生時代にこのことに気づけなかったのは一生の不覚です)
私は現在英会話を、以前には七宝焼きを習っていました。七宝焼きで作った作品は今でも自宅にとってあります。陶芸も面白そうです。

投稿: やえもん | 2006年2月18日 (土) 22時14分

こんにちは、やえもん様。

>学生時代にこのことに気づけなかったのは一生の不覚です

あはは~、私も全く同感です(爆笑!)。
今頃になって、好きな学科だけ聴講したい、なんて真剣に思うこともあります。ま、老後の楽しみに取っておこうかと思いますが(笑)。

七宝焼き、良いですよね。出来上がりがきれいで、しかも実用的な作品も多いし。機会があれば習ってみたいです。

投稿: 橘みかん | 2006年2月19日 (日) 11時57分

習い事って楽しいですよね(^_^)
僕は今鞄教室に通ってるんですけど、
同じ趣味を持つ人と一緒に
勉強するといい刺激になります♪
チクチク縫っていると
何も考えなくていいので、
癒しの効果もあるかも!?


投稿: jin | 2006年2月19日 (日) 20時26分

こんばんは、jin 様。

「鞄」ですか!!それはすごい。
根気も要るだろうけれど、出来上がれば使えるというところが楽しみでしょうね。それに、「何も考えなくてもいい」手作業は、やりだすとクセになりますよね。私もやりだしては、止まらなくなるクチです。

素敵な鞄が完成しますように!

投稿: 橘みかん | 2006年2月19日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/8724421

この記事へのトラックバック一覧です: 市民講座:

« 両親の読書 | トップページ | 養護学校での生徒会活動とは? »