« 持久走の記録会 | トップページ | 2学期最後の「おたより」 »

2005年12月16日 (金)

生姜湯

この2~3年、風邪をひくたびに私が愛飲しているのが、生姜湯です。生姜の絞り汁だけではからくて飲みづらいので、市販の生姜湯やハチミツで甘みを加えています。

一昨日から、風邪のひき始めらしく、喉の痛みに悩まされました。まるで喉に「しこり」でもあるかのように、水や食物を飲み込むたびに痛むのですよね(涙)。でも、持久走の記録会が控えていまして、何とか風邪の症状を抑えなければなりませんでした。そこで昨夜は、市販の風邪薬と一緒に、生姜湯を飲むことにしました。おかげで大分良くなり、今日は「T君の新記録賞を取る」という重大任務を無事果たす事が叶いました。

ところで生姜湯、喉が痛いときは、風邪薬以上に即効性がありますよ~。生姜湯が喉を通るたびにヒリヒリと熱を持つのですが、これがとても気持ちが良いのです。飲んでいるうちに、腫れが引いてくるのが分かります。喉の痛みもとても楽になります。更に、生姜湯は身体がよく温まるので、飲んですぐ寝ることが出来れば、ひき始めの風邪なら大体治りますね。

医薬品でこれだけの即効性があると恐ろしい気もしますが、生姜なら少々食べ過ぎたって害はありません。風邪の民間療法に、生姜を使う例はよくあるようですが、本当に効くんですね。昔の人の知恵の偉大さを、身をもって知ったというところですか。

|

« 持久走の記録会 | トップページ | 2学期最後の「おたより」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/7654293

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜湯:

« 持久走の記録会 | トップページ | 2学期最後の「おたより」 »