« 買物学習の計画 | トップページ | 手の故障と ダンベル休止 »

2005年9月23日 (金)

アイスコーヒー

私は、お茶やコーヒーの類は飲むのも煎れるのも大好きです。好物でもありますが、食べ物の嗜好というより、趣味の一つだなと思っています。

今年の夏から初めて試したものが、「水出しコーヒー」です。実は10年ほど前にハウステンボスで飲んで美味しいと思っていたダッチコーヒーが、元々の始まりでした。普通にペーパードリップで煎れるよりも風味が良くて、変な渋みも無くて美味しいので自分でも煎れてみたくてたまりませんでした。何回か煎れ方を調べて試したものの、全て失敗に終わりました。その失敗例の一つが、水と中挽きの豆を混ぜて一晩おき、その後ペーパーフィルターで漉すというものです。どこで調べた方法だったかもう忘れましたが、コーヒーの香も味もしなくて、苦味だけが残るという最悪の味でした。それにペーパーの妙な匂いも鼻につきました。今思うと、アイスコーヒー用に焙煎してある豆だったら、もう少し美味しかっただろうと思いますが。でも、そんな失敗をしてから懲りて何年も止めていました。

ところが、今年になって新聞の通販広告に水出しコーヒー用のドリッパーが付いたポットが載っていました。「こんな便利なものがあるんだな」と思ったとたんに、もう一度水出しコーヒーを作ってみたくなりました。この広告に載っている商品は、数千円もする結構なお値段の品でしたから、とても買う気になれませんでした。しばらくしてから近所のホームセンターに買物に出かけると、同じような物が数百円で売られていました。こうなると、ついつい衝動買いの道に走ってしまいます。ついでに、アイスコーヒー用の豆も購入しました。煎れ方はフィルター越しに豆を水の中に漬けて、8時間かけて抽出する方法です。このポットを使い始めて、香の高いアイスコーヒーが楽しめるようになりました。素人考えですが、以前失敗したのは、おそらく豆を直に水に漬けたから、変なアクも溶け出して風味を損なったのだろう、と思います。

あの衝動買い以来、ずっとこの夏は水出しのアイスコーヒーを楽しんでいます。本当はお水にも凝るともっと美味しいコーヒーが楽しめるのでしょうけれど、面倒なので水道水です。でも、学校の防災訓練で賞味期限切れ間近のミネラルウォーターをもらいましたので、これで煎れてみたらやはり美味しかった。最近は、安い業務用のアイスコーヒー豆を購入して頻繁に作っています。冬になったら、これを暖めて飲んでみようかと思っていますが、どうなのでしょう。香を飛ばさないで加熱するのも難しそうです。ホットコーヒーは普通にドリップしたほうが美味しいかもしれません。

|

« 買物学習の計画 | トップページ | 手の故障と ダンベル休止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/6077355

この記事へのトラックバック一覧です: アイスコーヒー:

« 買物学習の計画 | トップページ | 手の故障と ダンベル休止 »