« 手の故障と ダンベル休止 | トップページ | 美術の先生 »

2005年9月25日 (日)

懸賞

つい先日、メガネを買った店で懸賞の応募券を山ほどもらいました。

景品は、電波時計、ネックレス、バッグ、秋物のカーディガンなどで当たるかどうかも分かりませんが、買えば結構なお値段がするものばかりです。普段なら、くじ運の悪い私は手間がかかるだけ損だと思い、滅多に応募しません。でも、先日買ったメガネがあんまり高かったので、少しでも元を取りたいとケチな事を考えました。切手代は要らないし、面倒なのは記入する事と、応募箱に入れるためにお店に行くことくらいです。そこで、昨日から応募券にせっせと必要事項を記入していましたが、全部で20枚以上ありまして面倒くさがりの私は、ついに飽き飽きしてしまいました。母と、たまたま遊びに来ていた妹にも手伝って貰ってようやく記入し終わりました。

妹が、「これだけあれば、一つくらい当たるかもしれないね」と言ってくれましたが、そのそばから母が「いやー、滅多に当たらないものだよ」と容赦なく言います。確かに、懸賞、くじの類で私が当たることは滅多にありません。年末の商店街の福引だって空クジかおまけのティッシュくらいです。あんまり期待もしていませんが、何せ券の枚数が多いのでその内の一本くらいは、と思ってしまいます。どうなるか、神のみぞ知るところですが、それでも応募しないと始まりません。忘れないうちに応募箱に入れてこようと思っています。

一つでも、当たると嬉しいな。

|

« 手の故障と ダンベル休止 | トップページ | 美術の先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123352/6109492

この記事へのトラックバック一覧です: 懸賞:

« 手の故障と ダンベル休止 | トップページ | 美術の先生 »